埼玉の心霊スポットを秋ヶ瀬公園や桜木神社から一覧で紹介

この記事は5分で読めます

今回のテーマは埼玉県の心霊スポットだ。

 

都会に語り継がれるいわくつきの場所の数々を紹介していこう!

埼玉県の中でも特に危険とされる場所や昼と夜の二つの顔をもつ公園など埼玉県民はもちろんだが、他県の人達にも有名な心霊スポットが沢山あるので、お楽しみに。
ゆっくりとご覧いただこう!

 

埼玉の心霊スポット秋ヶ瀬公園(埼玉県さいたま市桜区道場4-17)


ここ秋ヶ瀬公園には数々の心霊現象があると言われているので紹介しよう。

心霊ファンのみんなは幽霊の身長を気にしたことがあるだろうか?
私のイメージではそこまで大きくない160㎝前後だが、中にはもっと小柄だという人もいるかもしれない。
ですが、この公園に出る幽霊は大柄の女だという。
他にも無数の傷を負った霊や浮遊霊の目撃談も多数ある。

一見普通の公園だが、場所によっては危険な場所も存在するので気をつけよう!
特に小さな祠の周辺は霊気が強く、霊に取り憑かれてお祓いを受けた人が今までに何人いるという。

もし行くなら、取り憑かれても文句は言えないぞ。

 

埼玉の心霊スポット桜木神社(埼玉県所沢市)

ここ桜木神社は巷では恐ろしい呼び名がついている。
その名も…..
首つり神社だ。

その名前の由来というのも、この神社鳥居で首を吊る人が後を絶たない事が要因となっている。
実際に2016年にはこの神社の鳥居で首吊りしたと見られる白骨体が発見されている。

そんな曰く付きの場所なだけに幽霊の目撃談も多く、その中には子供の霊もいるらしい。
また、この付近を車で通ると様々なトラブルが起こると言われている。

この辺り一帯が危険地帯であり、遊び半分で行くのは避けたほうが良いかもしれない。
人格を変えてしまうほどの負のオーラが漂っており、心の病に陥る人も多いという。

なので行く際には異変が起こったらすぐに引き返すことを約束してほしい。
その約束を守らないと……

 

埼玉の心霊スポット一覧



秩父湖吊橋(埼玉県秩父市大滝 国道140号線)

ここは言わずと知れた…身投げの名所である。
この吊り橋ではその昔、最も信頼を置いていた恋人と親友の二人に裏切られて橋から突き落とされたという残酷な事件が起こった。
それ以来この橋では女性の霊が度々現れるという。
あまりにも強い怨念がうじゃうじゃ彷徨っており、橋から秩父湖を覗き込んでいるとしたから首を掴まれ引きずり込まれるので、くれぐれも注意しよう。

さらにこの場所が有名になった衝撃的なある事件?事故?が2006年の秩父湖近くでの集団自殺だ!
男女6人が車内で練炭自殺をはかり亡くなった。
ここ…秩父湖には死へと誘惑する力があるのかもしれない。
迷いのある者はいかない方が良いだろう。
生きたいという意志を強く持たないと連れていかれるぞ。


顔振峠(埼玉県飯能市長沢1562)

顔振峠と聞くと皆さんはどんなイメージをするだろうか?
どこか不気味なその名前の由来とは至って単純であり、源義経がこの顔振峠から見る景色があまりにも絶景だったために
顔を上下に振り頷きながら
峠道を登ったと言い伝えられている。
この言い伝えと心霊現象は特に関係ないのだが、ここでは多数の心霊現象が報告されている。
まずはこの顔振峠には女性の幽霊が出るとの噂があり…頻繁に目撃されているという。
車で走行時に突然、ボンネットに何かが降ってくるというのだ。
おそらくその驚きに取り乱し事故に遭うといった感じであろう。
そして昔、この峠で修行をしていた者が、そのあまりにも過酷すぎて自害する者が続出したという。
そのせいか修行僧の格好をした霊を目撃する事が多く、ここも非常に危険な曰くつきな場所となっている。



岩窟ホテル(埼玉県比企郡吉見町北吉見309)

 

ここ岩窟ホテルの正式名称は「岩窟ホテル高壮館」と呼ばれている。
作りを見ても非常に古く、ここはなんと明治時代から存在するという。
現代では洞窟の中にホテルなど考えられないと思うが、ほかの県でも洞窟の中で食事ができる所や温泉がある所もあるので不思議ではないだろう。
そしてこの世にも珍しいこの岩窟ホテルは男性がたった一人でコツコツと掘って作ったというので驚きだ。
場所は吉見百穴のすぐ近くにあり、現在は立ち入り禁止となっている。
その理由は
2度も崩落事故が起こったからだ。
当然の事だがそれでも中へと入る者も多く、柵が取り付けられている。
そしてその柵の向こうから誰かがこっちを見ていたり、助けを求める声が聞こえるという。
崩落事故が関係していそうだが、歴史のある建物だけに様々な要因がある危険な場所なので気をつけよう。

 



正丸峠(埼玉県飯能市南川447)

ここ正丸峠は埼玉でも有名な事故多発地帯となっている。
旧道という事もあり道路が痛み荒れている部分があるのも一つの原因としては考えられるが、道路の構造も悪く異様に狭いヘアピンカーブが連続する事も事故が起きる原因だ。
また、それだけヘアピンカーブが連続しているので走り屋(ドリフト族?)が多く集まり、連日爆走しているという。
それも事故の要因である。
そんな事故で命を落とした人々の霊が成仏できず、
霊となって出没しているらしい。
ここ正丸峠での霊の目撃談にはバイクに乗る骸骨・口裂け女が有名な話である。
またこちらは少し可愛い……「
人面犬」なんてのも出ると言われている。
だが、この峠で一番有名なのが少女の霊だ。
もう随分前の話に遡るが、少女が何人もここで亡くなる事件が起こった場所であり、相当な怨念が今も尚この場所には棲みついている。
遭遇しないことを祈りたいものだ。
そもそもここを通らないのが賢い選択であり、命を大切にする選択を取りましょう。

 



侍トンネル(埼玉県川口市国道122号線下歩行者用トンネル)

ここ侍トンネルは名前からして危険な雰囲気がプンプンと漂っているではないか。
この名前の由来とも言うべき、壁に侍の絵が描かれている世にも珍しいトンネルだ。
トンネルというとやはり心霊現象が多数挙がってきますが、ここもその一つとなっており、多数の幽霊の目撃談がある。

さて、このトンネルについて奇妙な話がある。
よく呪われた事故現場とかで人型の跡や血の様な跡が浮かび上がってくるなどという話を聞いたことはないだろうか?
なんと…..この侍トンネルでは
壁に侍の顔が浮かび上がってくるというのだ。
恐る恐るその顔を消すのだが、何度消そうがまた浮かび上がってくるという不気味な現象が起こるという。
その昔、侍が多数亡くなった場所なのかもしれない。
またこの付近には墓地も存在しており、関係性が疑わしいものだ。
通る際にはあまり壁を見ないほうが身の為かもしれない。

 


中村精神病院跡地(埼玉県さいたま市岩槻区飯塚)

ここは埼玉の岩槻区にあった精神病院の跡地だ。
病院の跡地と聞くだけでいかにも出そうな感じがするのは私だけだろうか?
この病院は閉鎖後は取り壊されず、産廃や資材置き場となっている。
現在でも一部施設は残されており、崩落事故も起きておりいつ崩れるかわからない程に老朽化が進んでいるので注意だ。

また、施設の中には今も生々しく薬剤や診察書類などがに残されており、薬剤の窃盗事件も起きているという話である。
この病院には様々な噂があり、患者に対して酷い扱いや診察をしすぎて経営が困難になったという説が濃厚だという。
亡くなった方も多く居たそうで、夜な夜な女性が徘徊し泣き叫んでいる目撃情報が多数あるので、見かけたら保障できないぞ!

 


七里殺人の森(埼玉県さいたま市片柳大字1604)

昔この七里殺人の森の神社では残酷な事件が起こった。
なんと、自分の父親の首を鉈で切断して、その後犯行に及んだ子供も亡くなるといった内容だ。
その子供の死因が今一不透明だが、そこは大して問題ではないだろう。
この事件により建てられた神社ではなくもっと昔から存在しているというが、薄気味悪く訪れる人も僅かとなり朽ち果てているそうだ。
そしてここではその父親の霊の目撃情報が多く、なんと生首が浮遊しているという説もある。
冷やかしに訪れたが生首に追いかけられたという人もいるほど有名な話だ。
ただ実際には殺人事件など起きていないという説も浮上してきているので、また有力な情報があれば随時更新していくぞ。

 



川越街道の花嫁(埼玉県川越市小仙波町付近)

国道254号線は川越街道とも呼ばれ、歴史ある道路である。
なんと江戸時代から存在している街道であり、
東京都と埼玉県をつなぐ主要道路となっているのだが、幽霊目撃情報が多数報告されている。
その幽霊の目撃情報の中でも女性の霊が多く目撃されており、巷では「川越街道の花嫁」と言われている。
ここを利用する多くの方の中には聞いた事もある人も多いのではないだろうか?
随分昔からこの川越街道で目撃されており、よく国道254号線と国道16号線が交錯する埼玉県川越市小仙波の側道で目撃されるという。
地元住民からも花嫁姿の霊の目撃談が多数あり、信憑性も高そうだ。
他にも少女が泣きながら横断してくるという情報もあるので、さすが歴史ある道路といったところだ。

 




まとめ

 


今回は埼玉県の心霊スポットを紹介したがいかがだっただろうか?
場所によっては、不用意に近づかない方がいい場所もある。
成仏出来ていない霊が彷徨っている場所では、何が起こるかわからないので…あまり、自分を過信しないことも肝に銘じておいた方がいいだろう。
「私は大丈夫だから」とか、そんな考えは捨てないと、危険な目にあうぞ。
そしてあなたなりの対策をして行くと良いだろうし、軽率すぎる行動だけは気をつけよう!
それでは次回も都道府県別の心霊スポットを紹介するのでお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事