岡山の心霊スポットをお札の家等一挙公開!キューピーの館も

この記事は5分で読めます

今回は岡山の心霊スポットを紹介しよう

岡山と言えば桃が有名であり、あの昔話の桃太郎の舞台となった地でもある。
吉備団子も実際に売っており、お土産として有名である。
一方、数多くの心霊現象が起こる危険な場所をピックアップしたので、ご覧いただこう。

岡山心霊スポットお札の家とは?(岡山県倉敷市児島由加3136)

 

ここ「お札の家」は…十年以上も前に一家心中があった家屋だ。
それ以来、この家の付近では様々な怪奇現象が起こっているという。
その怪奇現象を何とか無くそうと廃屋の至る所にお札が貼られている。

少し話が逸れるが、昔肝試しをした時の話だ。
とある廃墟に行ったのだが、そこには入り口にお札が貼ってあった。
そのお札を剥がして中へと進んだのだが、特に何も起こらず帰宅した。
だが、それからというものその剥がした者の周りで交通事故や大病、離婚と悪いことが続いたのだ。
流石に続きすぎとのことでお祓いをしたら、それからはおさまったが、本当に危険な事をしてしまったと後悔する事となった。

やはりお札の効果は物凄いものであり、そこに居る霊を抑えているのであろう。
だが、この場所はお札の効果を勝る程の怨念なのか…沢山の霊がこの場所を彷徨い、訪れる者に襲いかかっている。
中でも、髪の長い女の霊は憑いてきて、夢の中まで現れるというので、相当な怨念のレベルだ。

取り憑かれた人は寺でお祓いをして、木彫りの仏さまが身代わりなって一命を取り留めたそうだが、ちょっと冗談じゃすまない感じだ。

この御札の家へ行くのなら色々と覚悟していくこと。

あまり、ここはおすすめ出来ない場所だ。

 

岡山の心霊スポットキューピーの館(岡山県岡山市北区高松稲荷165)


ここは岡山でもトップクラスの危険な場所であり、行けばわかると思う。
草木がボウボウの道無き道の奥にある不気味な家が「キューピーの館」だ。

名前だけ聞いたら可愛らしく、遊園地などにありそうだが、ここキューピーの館は、廃屋に赤ちゃんの人形やキューピー人形が吊るされている、不気味な廃墟だ。
その光景は「異世界」であり、恐怖と不思議が入り混じる変な感覚に陥るだろう。
またさらに不気味なのが、この人形一つ一つに年号や名前が書かれている所だ。
誰かがこの人形たちを管理していたのだろうか?
その理由は不明だが、その昔に水子の霊を慰める神社であったという説がある様なので、おそらくは亡くした子供の名前と年号を人形に記したのであろう。

ただ、人形などは何かが宿ったり憑きやすいものと言われている。
なので、水子の霊が乗り移っているかもしれない。

この館の異様な空気と今にも喋り出しそうな人形の恐怖に皆さんは耐えられるだろうか?
冗談抜きでここは笑えないくらい危険なので用心していく様に!

 

 

岡山心霊スポット一覧

人形峠(岡山県苫田郡鏡野町上齋原1539)

 

上記で人形の話をしてからの……..次は「人形峠」だ。
いきなりヤバそうな名前のこの峠だが、まずその由来から説明しよう。

その昔、峠を越えようとする旅人を大蜘蛛の化け物が現れて、襲っていたという。
来る日も来る日もこの峠に立ちはだかる化け物に困り果てていた村人であったが、何か良い方法はないかと考えたのが人形を囮にするという作戦だ。
そこから、人形峠という名がついたのだ。

また、この辺りは明りがないのと霧が出てくるので夜になると何も見えないほど真っ暗になる。
大きな蜘蛛の化け物もそうだが、心霊的な噂も多いのが、この人形峠。

霧の奥から足音が近づいてきて、よく見ると子供の靴だけが歩いているという。
他にも遠くの方から赤ちゃんの泣き声が聞こえたり、ワンピースを着た女性がよく目撃されている。

きっと、かつて峠を越えようとした旅人たちの霊だろう。
なので、この峠を越えるときは、十分気をつけて通るようにしてほしい。



沙美海岸(岡山県倉敷市玉島黒崎6061)


ここ沙美海岸は、「日本の渚百選」にも選ばれており、なんと!日本の海水浴場の発祥の地だ。
毎年利用者も多く、海辺はいつも賑やかとなっている。

だが、それだけ有名なだけに過去には沢山の人が海難事故で亡くなっている場所だ。
そもそも海はプールと違い潮の流れにのまれてしまったり、ここでは白い手に引っ張られたという話もある。
きっと成仏できなかった者たちの霊魂は、今もこの辺りを彷徨っているのだろう。

また、この付近の海中には…お経が書かれた石が沈んでおり、これは溺れて亡くなった海水客の霊を供養するために行ったものだ。

海水浴場としても有名なスポットだけど、夜になると一転して雰囲気が変わるこの場所。
霊の気配を感じるような
不気味な雰囲気に包まれる。

 

古城池トンネル(岡山県倉敷市福田町福田2111)


ここ古城池トンネルは、岡山でも名の知れた心霊スポットだ。
下り専用の新古城池トンネルは、特に何もないのだが、心霊的な噂があるは上り専用の旧古城池トンネルだ。
この旧古城池トンネルを車で通るとジェットババアという老婆が追いかけてくるのだという。

ただ、現れても特に害はないと言うが見えた時点で害だと思うが現れても驚かずに、落ち着いて気にせず運転をすれば問題ないという。
気にせずと言われても無理だと思うが…….

名前的にあまり怖さを感じないのは私だけだろうか??

他にも心霊現象が報告されており、落ち武者や電話ボックス近くの女性の霊の目撃談が多数ある。
現在では電話ボックスは撤去されているというが、注意が必要だ。

 

津山事件[都井睦雄事件]現場(岡山県津山市加茂町行重779)

 

ここはあの残虐非道な津山事件が起きた現場だが、皆さんは津山事件をご存知だろうか??
まず、津山事件を説明していこう。

1938年に衝撃的な事件が起こった。
その事件とは都井睦雄事件と呼ばれており(津山事件とも呼ばれている)犯人の名前から由来している。
その事件のとは、わずかな時間に、33名の死傷者を出した日本史上、前代未聞の悲惨な事件だった。

事件当日の真夜中、都井睦雄は日本刀と猟銃を持って犯行に及んだ。
就寝中の村の人々を次々と襲い
彼は猟銃を自分に向けて引き金を引いた。
その場所は、村を見渡せる高台だったそうだ。

その後、犯人の遺書が見つかり「自分の病気(結核)の事」で村人から迫害を受けた事への復讐が動機とされている。

理由はどうあれ、沢山の人が命を落とした場所だけに怪奇現象が起きても不思議じゃないし、この場所自体が危険な雰囲気だ。

 

旧志戸坂トンネル(岡山県英田郡西粟倉村坂根)


この旧志戸坂トンネルは昭和55年に新トンネルが開通した事により封鎖され、現在は通行に使用されてはいない場所だ。

トンネルへと続く峠道の途中にある地蔵尊で、老婆の霊が良く目撃されておりその場所で強い念を持って亡くなったのであろう。
さらにお堂の中には四体のお地蔵が並んでおり、うち一体のお地蔵様は首が取れて落ちているという。

他にもトンネル内では、白装束の女性が目撃されている。
旧志戸坂トンネル手前のトイレ(岡山側)で首を吊ったり、トンネル内の車内で自ら火を放ち命を断った(運送業)事件も起こっている有名な場所である。

…用事がなければ、立ち寄らない方がいいだろう。

 

旧富トンネル(岡山県小田郡矢掛町横谷)

続いてもトンネルの紹介だ。
なぜこんなにもトンネルでの霊の目撃情報が多いのか?
一説では入口と出口では世界が違い、異世界(死後の世界)へと繋がっているといわれている。

このトンネルでも以前に悲惨な事件や事故により亡くなった人も多く、度々幽霊が目撃されるようになった場所だ。

…被害者の怨念が彷徨っているようで、撮影時に赤く発光した物体が写りこむことも多々あるという。
恨みの念、もしくは憎しみの念・魂が、成仏せず、この場所から離れられないでいるのだろう。

 

鷲羽山(岡山県倉敷市下津井田之浦1-2)

ここ鷲羽山周辺は以前は鷲羽山スカイラインという有料道路だった。
現在では撤去されているが、今回心霊スポットとして挙げられているのが料金所があった場所だ。

元々は有料であったが、無料になってからは無人料金所だけが取り残されていた。
無人になってから変な噂が出回り出したのだ。
深夜にその料金所を通ると、白骨化した霊(骸骨)が立っているという。
それを見たものは不運な事故に遭うと言われている。

他にも展望台でも幽霊が目撃されており、スカイラインには走り屋の霊が出るとも言われ、この山には多くの彷徨う魂が徘徊している。

 

育霊神社(新見市哲西町)

ここは呪いが成就するといわれる恐怖の神社だ。

ここでは「丑の刻参り」が、夜な夜な行われて、藁(わら)人形の中には
名前や住所、年齢まで書かれたものまであるという。
また、奥の院がある「猫山」では、その昔に姫が大事にしていた猫が襲われ命を落としたことにより、姫は悲しみのあまり命を断った。

それを知った姫の父は、怒り狂って敵兵を呪ったという伝説があり、そのため狛猫や、猫の塚、猫の置物が供えられているのだという。
この事から呪いが成就すると呼ばれる様になった神社。

実際に今でもこの丑の刻参りを行う人もいる様で、様々な恨みが渦巻く危険地帯である。

ここも相当危険な場所だ。

 

岡山心霊スポットまとめ

 

さて、岡山県の心霊スポットをピックアップしたが楽しめただろうか?

ちょっと今回の岡山県の心霊スポットは一家心中や大量殺人、人形に呪いの神社といった、桁外れな危ない場所が多かった。

現代の人が起こしたもの、そしてかつての言い伝えから成るもの、どれも衝撃的過ぎる。

霊感強めの人は、危険な気がする。

予期せぬ事態に見舞われた時の備えはきちんとして行こう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事